d0020828_17222617.gif

ほぼ毎日癒されている「ねこねこ」(ねこみいにゃん著)の演技派俳優ラムネ。

バニ子、基本的には「うさぎ好き」だし。
そんでもって、「犬好き」だし。
ネコって、ご飯の時しか寄ってこねー、って感じの偏見をもってるしー。


でも、ラムネは特別っていうか。

気付いた時には好きになってたんです。
どこが好きかってそんなの判りません。だって全部がスキダカラ。川* ̄д ̄*川ポッ

と、チャンドンゴンか、バリバリ少女漫画かくらいの愛の告白をしちゃうくらい
大、大、大好きになってます。

もはやあたいの飼い猫なのでは、と訳のわからん空想を抱く本日です。


そんなラムネですが、腸閉塞整復手術をしたそうです。

もうこの記事↑見たとき、仕事もぽっぱらかして(←いつもの事だけど)
ラムネを抱きしめに行きたい気持ちでいっぱいでした。
パニクると日本語が上手く読めなくなるアホアホバニ子、
なんだか展開がよく判らず、あまりに急すぎて、
ドキがムネムネして、うっすら亡くなったおばあちゃんが登場したくらいでした。


ラムネの雄姿が次々と走馬灯のように頭を過ぎり、
今までどんなに癒されてきたことかと、改めて気が付かされました。
d0020828_17344623.gif


↑寝とります 「ムフ~癒されるワァ~( ̄ω ̄〃)ノ」
d0020828_17353557.gif


↑得意?ラムネパーンチ 「あ、はいっ!目開けてちゃんと仕事しますっ!(*`◇´*)/」


記事を読んでるだけで、この有様なので、
傍にいたねこみいにゃんさんの気持ちは計り知れないところでしょう。


と、同時にすっかり元気になっているにも関わらず、
すっかり頭の中で「オダブツ」状態にし、
黒のリボンが掛かる写真立てに飾られているラムネを想像してしまっていたことを
大いに反省しました。
(ほっんと、ごめんなさいっ!ラムネ、許せっ!)


なんでも、手術は3回目だったらしいし、今は元気そうだし。
反省の気持ちも込めて、この記事を掲載します。


どんなに長生きをしても、人間よりも寿命が短い生き物を飼うこと。
それは「育てる責任」と「別れの覚悟」と「命の大切さ」、
そして、「出会いの喜び」と「日々の楽しさ」を
同時に学ぶことでもあるのではないでしょうか?


バニ子もいつか生き物を飼いたいと思っています。
まだ、重要なことを何も判ってないと思うから。


とうぶんは、ラムネで我慢するけどねっ☆
(↑我慢だなんて、失礼だニャーッ!って、言うかしら(笑))
[PR]