d0020828_14304166.gif

ゲゲゲに出てきそうな蕎麦屋。
鎌倉で発見。
提灯に「手打ちそば」とか書いてあったけど、写真に写ってねー。
・・・未熟者です。腕磨きます。


やっぱ蕎麦は手打ちが一番だよね。
(うどんもだけど、うんうん。でも今日は蕎麦を語る日なので蕎麦のみの話で続けます。)

結構蕎麦好きなので、ちなみに昨日のランチも蕎麦。
会社の近くに「そじ坊」という蕎麦屋があり、
生のわさびを自分で摩り下ろして入れて食べるという、
「チェーン店の割には美味いよ!また来るねっ!」という店。


小さい時から蕎麦好き。
どっちかというと、うどんより蕎麦。(でも蕎麦よりご飯派!聞いてないって?)

故郷丸岡には、そこらじゅうに蕎麦畑(というか田んぼ?)が広がっているので、
うどんよりもパスタよりも、蕎麦が身近な麺類。
蕎麦は白い小さな花を咲かせ、満開の時には白いジュータン畑になります。
あれっ?ジュータンって死語かな?カーペットの方が主流かな?ま、いっか。
とにかく、綺麗です。

ちなみに福井では「おろし蕎麦」が名物。
辛味大根を卸してネギのせて食うっ!これが実に美味いっ!!
日頃はもちろん、年越し蕎麦も当然「おろし蕎麦」です!

あっ、そこのチミ!
「蕎麦の自慢はお里が知れる」とか言わないように!
(意味:蕎麦の材料になるソバは痩せ地でも育つので、
     蕎麦が名物の所は痩せ地の意。)
あながち、外れてない気がしなくもないので・・・。


東京で初めて食べた蕎麦は白くて衝撃的だった。
そのことを東京人に訴えたら、
「白い蕎麦の方が蕎麦粉の中央部分しか使用してないから高級なんだよ。」
と、胸張って言われたけど。
やっぱり蕎麦は灰色じゃないと、落ち着きません。
いいんです。田舎蕎麦で十分。
蕎麦は、庶民の食い物だぁー!


ちなみに故郷丸岡城のふもとにある茶屋では、
蕎麦ソフトがあるそうな。(←まだ食べたこと無いけど。)
話によると、香ばしい味だそうで。香ばしい味って??
帰省の際には、絶対食ってやる!という物の一つ。


蕎麦で思い出したけど、
東京では(というか、バニ子の行動範囲だけかもしれないけれど)
「蕎麦ぼうろ」がまったく売ってない。
たまにちょっと高級和菓子コーナーとかあると、そこに見かけることもあるけど、
ほぼ見かけない。

あんなに美味いのに。
そしてあんなにかわいいのに。
お花の形してるの、知ってる?

福井(丸岡)じゃ、そのへんの安っすいスーパーで普通に売ってた。
しかも全然高級じゃないし。
これ」みたいに激安だった!
だから、東京で蕎麦ぼうろごときに三百円以上も支払う気になれない。
だけど、相当好きなので、ついつい見かけると、
金より欲が打ち勝ち、高い、高いと思いつつも購入してしまう。
・・・まんまとやられてる。


なんで、東京じゃ高いんだ!
理不尽だっ!
物価が高いからって、庶民のおやつまで高くすんなっ!

と、販売元にどなたか言ってやってください。
Wikipediaにこんなこと書かれてた。
【蕎麦ボーロ(そばぼうろ)】
京都の菓子屋が発明した。数店が元祖争いを行っている

↑こんな事してるくらいなら、安く東京に卸せやぃ!


とにかく蕎麦と付く物は大体好きです。
大好きなので、いつか、自分で蕎麦打ってみたいと、夢見てます。



蕎麦道場に弟子入り志願です!

↑ 履歴書の特技に「蕎麦打ち」と書くのが夢。
[PR]