運命の日がやってきた。
今回のところはすごく頑張った。
忙しかったけど、工夫も努力もした。
宇宙用語(IT用語)にも負けなかった。
たくさんの労力と時間をかけた。
家に着いた時にはクタクタだった。


それでも業績は悪化したらしい。
2部上場した手前、売上の下方修正はしない方針に決まった。
下がった売上を各部署の予算削減で賄うことになった。


うちの部署は売上発表の前に追加人材を採用した。
部長クラスの優秀な人材だった。


予算削減と管理職採用。
その煽りは当然のように「派遣切り」という結露を導き出した。


今の部長にはよく褒められた。
コストパフォ-マンスがいいわよね。
私はあなたを契約社員にって考えてるの。
今度から派遣も評価対象になるからね。


ビックマウスで振り回した部長に呼び出され
1分で要件伝達は終了した。
「10月末で契約終了ってことになりました。」
部長は私が部屋から退出後1分もかからないうちに
部内全員に私の契約終了メ-ルを流した。
「とても残念です」と一言添えて。



これからまた仕事探し。
今まですんなり決まった試しがないから、また苦労するんだろうな。
引越し考えてたんだけどな。
繋ぎの生活費にわずかな貯金も消えるんだろうな。



帰り道にくらくらしてきたから、友達に電話して飲みに誘ってみた。
誘ったやつは風邪をひいたとかで熱があるらしかった。
病人を無理やり呼び出すほど鬼でもないしね。


きっと苦しいのはこれからだ。
マジ苦しくなったら、そやつになんかおごってもらおう。

こんなことの繰り返しだな、あたしのつまらない生き方って。
[PR]